FC2ブログ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

住宅街ではなかった

現在計画中のプロジェクトは住宅街に位置する、と2度も書いていたのだけれども、
簡単に住宅街と呼んでよかったのだろうか。

ほんの10数年前までは、確かにこの辺りは、戸建住宅が立ち並ぶ地域だった。
けれども現在は、周辺の半分くらいの建物は小規模な集合住宅だ。
そのうえ、集合住宅と呼んでも、部屋の使用用途は住まいだけでなく、事務所、SOHOなど
様々だろう。
(昨年別の仕事で、都内の集合住宅を耐震診断した。そこは集合住宅として設計されたが、現在は半分以上が事務所として使用されていた。)

遺産相続などを契機に、屋敷が小規模集合住宅になったり、敷地を分割して小さな新築戸建住宅に置き換わる現象は、敷地の周辺に限らず、東京23区の多くの住宅地域でみられる。
集合住宅が事務所,SOHO用途で使われることも、場所によって差はあるが、敷地の周辺に限ったことではない。

私たちが、住宅街と呼んできたものの多くは、既に住宅の街、ではないのではないか。

戸建住宅・小規模集合住宅・小規模事務所などが入り交じる地域社会の建築とはどのようなものか。
少なくとも大量住宅供給を迫られた時代の大規模集合住宅のミニチュア版でよいはずがない。
プロフィール

立花美緒

立花美緒
2006 東京工業大学大学院修了
2006 山本理顕設計工場
2008 立花美緒設計事務所

リンク
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。